LINEで送る

基礎体温をつけて妊娠へ

女性

妊娠を希望している場合には、基礎体温をつけることをおすすめします。基礎体温というのは、朝布団の中ではかる体温のことをさします。通常の体温計ではなく、婦人体温計を使ってはかります。主に口の中に体温計を入れてはかるものが一般的です。小数点二桁までが表示されます。基礎体温は、一定の周期で高温期と低温期に分かれていることが妊娠へつながるポイントです。生理開始から排卵までは低温期、排卵後から生理までが高温期となっている場合、基礎体温が安定しているといえます。安定している場合には、排卵時期に受精しやすくなり、妊娠の可能性を高めることができます。性交のタイミングをはかる際に参考にすることができるため、基礎体温は表にして記すことをおすすめします。表が安定していない場合には、ホルモンバランスが乱れている場合や、子宮に問題があるなど、妊娠しにくい状態をあらわすサインとなりますので、安定していない場合には早めに婦人科を受診することをおすすめします。体温は毎日なるべく同じ時間にはかることがポイントです。また、身体を動かさずに安静にしている状態ではかることがポイントです。低温期から高温期の差が0.3度以上あることが安定している目安となります。

 

↑PAGE TOP